世界の霊芝市場について

世界における霊芝の生産は中華人民共和国、日本、韓国が上位であり、

やや古いデータになりますが、1997年のデータでは世界の総生産量は、

約4,300トン、そのうち世界最大の生産国の中国の生産量は、

約3,000トンで、残りの1,300トンは韓国、台湾、日本、タイ、米国、

ヴェトナム、インドネシア、スリランカなどで生産されております。

 

ほかの統計でも、中国の生産量が、世界の半分以上を占めているとされ

ており、霊芝の生産は、中国を中心とした台湾、日本、韓国といった

東アジアが占め、それに米国以外は東南アジア諸国が続くなど、

中華圏および伝統的にその影響下にあった国や地域で重要視

されてきたことがわかります。

 

華人が人口の4割程度を占めるマレーシアのDXNグループは有力

生産企業の一つで、年間で約70トンの生産量を誇り、1社で

世界の総生産量の1%を占めると推計されています。

 

また、世界では少なくとも100以上のブランドと780以上の霊芝商品が

販売されていると推計されており、霊芝の最大のマーケットは、

米国とされています。

 

霊芝の研究に従事する研究機関の数は100以上とされています。

世界的に需要は急速な伸びを示しておりますが、既存の商品は、

顧客の満足に必ずしも答えることができていないのが実情です。

 

GMPの導入、効能の科学的証明の一層の提供など、業界が取り組むべき

課題はございますが、日々当社を含めた各企業は改善のために、また

お客様のご期待に応えるべく奮闘しております。

Follow me!

PAGE TOP